読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカード現金化のブログ

クレジットカード現金化の情報を公開します

クレジットカード換金

f:id:card_genkinka_card:20160616143029j:plain

クレジットカード換金

 

換金と聞いた時に皆さんは換金とはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

クレジットカードや買い物をして自分の持っているポイントカードに一定のポイントが貯まると交換出来るポイントサービスってありますよね?

 

有名なポイントカードだとレンタルショップのツタヤさんやコンビニのファミリーマートが発行している【Tカード】やコンビニのローソンの【ポンタカード】楽天ポイントカード等数えると物凄いポイントカードが有ります。

 

あまりポイントカードを利用しない人だと、なんかせこいイメージがあるんで使いたくないと思われている方や、常に持ち歩くと財布の厚みがパンパンになってしまい余り持ち歩きたくないと様々な印象が有るかと思います。

 

はっきり言えば使わないと損をしてしまうほど最近のポイントカードは使った方が良いです!と言わせて頂きましょう。

 

1回だけのお買物を考えれば正直ポイントなんて大した事が無いと思って中々使う事がないポイントカードですが、1ヵ月単位・半年・1年と長い目で見ればかなりのポイントが貯まり、ポイントに見合う品物を貰う事が出来たり、貯まったポイントで普通のお買物と全く同じように買物をする事が出来るんです。

 

買い物をする時に現金での支払いはもちろんの事、クレジットカードを使う事によって現金払いよりクレジットカードでの支払いの方がより多くのポイントを手にする事も出来ます。貯まったポイントを交換したり、交換する物の中にギフト券や商品券お米券ビール券図書券等最近では数多くの商品と交換する事が出来ます。

 

交換したギフト券やお米券などを利用してお買物もできますが、換金をする事によって無料で貯めたポイントが現金に変わる事もできるんです。ポイントの交換出来る物はポイントの数によって色々交換出来るので自分の欲しい物を見つけた上で交換する事をお進めします。

 


使いやすいギフト券!?


ギフトカードで有名なのがJCBギフト券JTBナイスギフト券など数多くのギフト券と言われる物が有ります。ポイントカードで貯めたポイントで換金する事の出来るギフト券以外で有名なのがクオカード図書カードが有ります。

 

図書カードはひと昔前の図書券と呼ばれる物の新しい版でテレホンカードの様にカードタイプで一定の定められた金額の中で使え、使う度数に応じて使った分だけカードに穴が開いていくテレホンカードの様な物を【図書カード】と言います。

 

全く同じタイプの主にコンビニエンスストアで使用する事が出来るクオカードもポイントで換金できる交換商品の代表的な換金商品になっています。使い方は図書カード等と同じでコンビニエンスストアで買い物が出来るテレホンカードみたいな物と思って貰って構いません。

 

クオカードの場合使用の度数に応じてカードに穴が開かないタイプのカードも有るので折角ポイントで換金して手に入れてもその後に現金に換金する事が出来ないクオカードも有るので現金に換金したい場合は、使用の度数がちゃんと穴が開くタイプのクオカードなのか穴が開かないタイプのクオカードなのか確認してから換金しましょう。

 

ギフトカードや図書カードクオカードなどポイントを換金して交換出来る数ある商品の中で、一番使い勝手がいいのが大手の百貨店さんが発行している有名な商品券全国百貨店共通商品券と言う物があります。利用する時も換金する時もこの商品券が一番だと思います。

 

ギフト券も図書カードもクオカードも商品券も使い方は同じ使い方ですが、使える場所!?と言う物がそれぞれの使用をしたい物によって使用できる場所が違ってきてしまいます。

 

例えば図書カードで例を上げると、図書カードでの買い物はあくまでも、書籍を買う事を前提にしたカードの為、それ以外の目的で買い物をしようとしても、使う場所が限られてしまうと言う事になります。例えば本屋さんで雑誌を購入しようとすれば問題なく購入が出来ても、コンビニや駅の売店で同じ雑誌を購入しようとしても書籍は書籍でも取り扱いの店舗によって利用が出来ないお店も有るんです。

 

ギフト券も同じです、図書カードやクオカードと比べれば使用出来る利用可能店舗は多くなりますが、折角使おうと思っても購入する店舗が取り扱いをしていなければ利用する事が出来ません。中には買い物後の支払い代金との差額分のお釣りを貰える場合も有りますがギフト券によっては、折角貰えるはずのお釣りが有るのに、こちらのギフト券では申し訳有りませんがお釣りを出す事が出来ませんと言われる場合も有るんです。

 

使い勝手が一番良いのでは?といった全国百貨店共通商品券は利用出来る取扱店舗が他のギフト券等に比べると使用可能の店舗が物凄く多く使い勝手が良いんです。今は不景気の流れで大手の百貨店と呼ばれる大きなデパートの数は少なくなってきましたが、商品券に書かれている名前の通り全国百貨店共通という名前の通り百貨店と言われるお店が数多く、加盟店の数が百貨店以外のお店に比べて加盟店登録の数が多いので、殆どの加盟店で使える!と言う点が全国百貨店共通商品券の使い勝手の良い理由では無いでしょうか。

 


クレジットカード換金

 

ここでの換金のお話は、先程お話しました、ポイントカードを利用して、お買物で得たポイントを貯めて希望の商品と交換出来るというポイントでの換金の流れをお話しましが、今度の換金はポイントの交換での換金では無くもっとスムーズに現金を手にする為の換金のお話したいと思います。


今回はポイントカードでは無く、ショッピング等で使うクレジットカードを利用する事によって、現金に換金する事が出来るんです。

 

買物をして貯めたポイントを交換して、交換した物を現金に換金するのも同じような事ですが、至って簡単にもっと短時間で簡単に現金に換金出来る事をカード換金とも呼びます。

 

普段お買物として利用しているクレジットカードを使う事によってカード換金をする事が簡単出来るんです。

 

クレジットカードにはキャッシング機能ショッピング機能の二つがついています。キャッシング機能は利用可能額の範囲内で自由にお金を借りる事が出来ますが、ショッピング機能は基本的にはお買物をする時に利用する事しか出来ません。

 

キャッシング機能を現金に換金しても意味は有りませんが、ショッピング機能での利用しか出来ない利用額を現金に換金できるとしたら便利じゃ有りませんか?

 

カード換金と言っても特別な違法性のある複雑な事をする訳では有りません。皆さんは質屋さんとかブランドショップなどご存じでは有りませんか?自分の持っている宝石や貴金属やブランド物のバックやお財布等をそういったお店に行けば換金して貰う事が出来るのはご存知でしたか?そういったお店と同じような便利なお店がカード換金を専門で取り扱っているお店が有るんです。カード現金化やカード換金やショッピング枠の現金化と様々ないい方が有ります。


簡単に言えばそのカード換金のお店にクレジットカードも持って行けば、直ぐその場で希望の現金を手にする事が出来るんです。とても便利じゃ有りませんか?

 


どうすればカード換金できるの?

 

カード換金と言っても自分のカードを売る訳では有りません。カード換金と言うイメージからカードを売る事によって現金に換えるみたいな印象が有るみたいですが、先程お話したようにクレジツトカードについているショッピングの出来るショッピング機能を利用してカード換金するんです。

 

カード換金業者には店舗が有るお店や店舗が無い無店舗型のお店も有るみたいですが後々のトラブルや不安な要素を少しでも取り除くためにも、きちんと安心して利用が出来る店舗型のお店を使うのが理想的です。店舗が有るお店の方が安心して利用出来ると思いませんか?

 

インターネットや携帯電話で調べると簡単に検索できます。カード・換金・店舗・現金化・クレジットカードでも何でも構わないので検索されると良いでしょう☆

 

インターネットで検索しても出てこないお店は不安要素しか無いはずなのでそういうお店は避けるのがベストです☆

 

カード換金でお店を見つけて沢山あるので何処のお店にしたら良いのか迷った場合は、お電話で質問してみるのが一番安心する事が出来るかもしれません。

 

簡単な質問でも構わないので何でも質問してみましょう!そして大事なのはきちんとした対応なのか見定めた後にカード換金の利用したいお店を決めるのが一番です☆

 

電話対応もまともに出来ないおはお店に行っても余り期待が出来ないと思います。電話先できちんと対応してもらえてるなら安心して利用する事も出来るんじゃありませんか?

 

クレジットカード現金化ブログ