読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカード現金化のブログ

クレジットカード現金化の情報を公開します

カード現金化ってカードを複数枚利用は可能?

f:id:card_genkinka_card:20151212164651j:plain

カード現金化の時に使うクレジットカードの決済方法は複数枚のカードを使う事は可能なのか?と思われがちですが、全く問題有りません。

 

現金化する際に使うクレジットカードの枚数は1枚でも2枚でも複数枚のクレジットカードを枚使っても問題なく現金化は出来ます。

 

現金化する時に利用できるカードは、枚数はもちろん、個人名義やご家族カードや法人カードでも利用する事は可能です。

 

1つのお買い物の購入代金を複数枚のカードで決済をする事は可能?

 

基本的にクレジットカードで何かお買い物をして購入代金を決済する場合に、合計の金額を幾つかに分けて購入すると言った事は出来ません。

 

例えば合計の支払い代金が5万円で3万円はビザカードで支払い、残り残金の2万円をJCBのカードでといった形や現金と分けて購入すると言った事も基本的には出来ないのです。

 

それは購入された商品には個別にきちんとした料金設定が有り、購入した商品が1個で有ればその商品に設定されている値段が有る為1つの商品に対して幾つのも商品代金の値段をつける事が出来ないからです。

 

例えば1万円のバックを2個購入した場合はどうでしょうか?1万円×2個で2万円なので決済を1万円+1万円の合計2万円という事は可能ですが1個2万円のバックの場合割る事が出来ないんです。持ち手の部分を5千円、その他の部分で1万5千円の合計2万円みたいには出来ないんです、あくまでも1個の商品に対しての値段設定なので支払い代金を幾つかに割るといった事は出来ないのです。

 

お店の営業体系によっては!!

 

あくまでも基本的なお話で出来ませんと言いましたが、お店の営業体系によっては、支払い方法が何でも大丈夫です~と対応してくれるお店も有ります。

 

例えば居酒屋さんや飲食店の場合どうでしょうか?これは大丈夫なんです☆とても厳しいお店で有れば出来ませんと言い切られてしまいがちですが、利用して頂いたお客様の都合に合て支払いを合わせている営業体系のお店も多いのです。

 

1つの商品は決して幾つかに分けてお支払いする事は出来ませんが複数の商品の合計代金で有ればどの様にも処理が出来るからです。

 

お店側の立場からすれば折角利用して頂いて支払い代金を生んでくれるお客様が来てくれたのに、決済が変則な支払い方法だからって利用させないで帰って貰うなどしていたらお客様が来てくれなくなるという弱い点も有ると思います。

 

法律的な詳しい点は分かりませんがお客様目線で行けばあまり問題は無いのではないでしょうか?

 

決済を分けて利用して貰ったお店側も合計の金額を売り上げとしてきちんと計上するのであれば双方問題は生まれないと思います。

 

利用後の伝票処理をきちんとしてれば基本的に問題は無いのではと思います☆

クレジットカード現金化ブログ